古銭買取の中でも一銭は事前調査が必要です

古銭を趣味としている人は多く、外国人観光客にも人気があります。高額な古銭は鋳造枚数が少ないことから現存している物は少なく、当時の流通量が多かった一銭貨幣に比べると取引価格も高い傾向に。一般家庭で見つかる古銭には、遺品整理の中で見つかる一銭貨幣が多いのですが、実は一銭貨幣には材質により鋳造年代が異なり買取価格にも大きな開きがあるのです。

明治時代に発行された一銭は銅貨となり、デザイン柄により竜と稲のタイプがあります。買取価格は稲銅貨の方が発行枚数の関係で高めですが、明治6年竜一銭銅貨と明治33年稲一銭銅貨は希少価値が高いので買取依頼をする時に別枠で買取鑑定を依頼すると良いです。

昭和に入ると現存する古銭の枚数が増えることから、古銭としての買取価格は特定の年号を除いて下がります。材質もアルミ貨となり、昭和13年から15年まではカラス一銭アルミ貨、昭和16年から18年までは富士一銭アルミ貨の鋳造がされています。昭和14年発行のカラス一銭アルミ貨には年号の四の文字に含まれる「八」の部分が「ル」の形になっている「ル四」と呼ばれる古銭があります。ル四の買取価格はお店により異なるので事前に調べてから複数鑑定を依頼すると良いです。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7424058.html